Top | INDEX | UP

数学と情報処理 第5回

第4回アンケートの結果

講義コード(?) 総回収数 むずかしい
4571(月3) 20 2
4570(月4) 27 1

Q: 下線部の必要性は?
DIGITS := 100; float(67473/6728); DIGITS := 10
A: 本質的には不要で、(後で紛れがないように)単にDIGITSの値をデフォルトに戻しているだけです。

Q: x := A; x := A'xの値は上書き?, 上書きであれば reset() は不要?
A: 「上書き」です、このあたりはプログラミングのところでもうちょっと詳しく解説します。

Q: 評価(単位取得)の方式
講義内容の性質上、紙と鉛筆のテストには馴染まないと思われます。

MuPADの第1歩(再々) (第4回の続き)

演習(1) (第4回の続き)